てのひらの劇場

アクセスカウンタ

zoom RSS 秘密の演劇部(20)

<<   作成日時 : 2011/03/08 06:01   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

 「じゃあ、早速、キャスティングね」
 優の優しい声が雰囲気を変えた。
 「これ、ベタじゃないか。もう決まっているよ」
 実花はつまらなそうに言った。
 「そうですね。まず、意地悪な枳殻姫は実花さん」
 「そうだろーよ」
 実花はまたかと言った感じで軽く答えた。
 「そして、継母役は優さん」
 「今回は意地悪役ですね。楽しみ」
 優の優しい声は今度はなぜか恐ろしく聞えた。
 「そして美男子の真崎役は、この私が」
 と忠男が周囲を驚かすつもりでいったこの発言だが、だれも真に受けず受け流されたので、
 「はいはい、分かってますよ。私はいやらしい典薬助。そして真崎はやっぱり栄司君にお願いします」
 「よし」
 とだけ栄司は答えた。
 ということは、歩は自分が主人公の広野姫の役であることを悟った。



蒼井優 今日、このごろ。
宝島社
蒼井優

ユーザレビュー:

amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト by 蒼井優 今日、このごろ。 の詳しい情報を見る / ウェブリブログ商品ポータル

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
秘密の演劇部(20) てのひらの劇場/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる